最新がん治療フコイダン

がん治療において、標準治療(西洋医療)を中心に癌と闘っておられる方々が抱える不安や悩みとは…

進行の早いがんといわれ、病院のがん治療だけでは心細い。
克服は難しいと言われているが、なんとしても、がんを治したい。
抗がん剤治療の副作用による苦痛を取り除きたい。
がん治療は全て行ってきたが効果がなく、もう術がないといわれた。
手術で取り切れたが、再発の可能性が高いと言われ、再発だけは絶対に避けたい。
がん治療で何度も抗がん剤を変更してきたが、がんの進行が抑えられない。
長期にわたるがん治療で、身体的なダメージが大きく、これ以上継続する自信がない。
使える抗がん剤はこれが最後といわれ、次はもう治療法がないといわれた。
再発や転移を繰り返し、とうとう緩和ケアを勧められた。

など、心身ともに切実なご相談を頂戴いたします。
「あきらめないでください!まだ、治療法はあります!」
がん治療の改善率向上 私どもは、、がん治療の改善率向上に値する治療情報を発信し、がん治療法の選択において専門知識を持たない患者様やその御家族の指標となれるよう、努めております。

がん治療を克服に導く「考え方と取り組み方」

下図は、「がん患者の全部位平均」と「がん患者の部位別」とを5年相対生存率を進行度別に分けたもので、「限局」「領域」「遠隔」と3段階に分けて、5年相対生存率を知る事が出来ます。

いわば現在のがん治療における成績表であり、標準治療(西洋医療)で癌に闘いを挑んだ結果がグラフに示された成果となりますが、同時に現在のがん治療の限界点の傾向を見ることもできます。
がん治療相対生存率
グラフを見ても解るように、5年生存率は原発部位によっても大きな差がありますが、癌が「限局」に留まっている場合は標準治療(西洋医療)が発展したこともあり、比較的に高い5年生存率の実現が可能になってきています。

しかしながら癌が原発臓器に留まらず、浸潤が始まる「領域」へと進行すると効果的な治療が出来なくなる癌も多く、さらに「遠隔」で多臓器への転移が始まってしまうと、ほぼ全ての癌で予後が急激に悪くなってしまいます。

グラフから傾向を読み取り、現行のがん治療実績を分析すると、標準治療(西洋医療)単独での癌治療を考えた場合、浸潤が始まる「領域」以降のがんは、非常に克服するのが厳しくなると言わざるをえません。

そこで私どもでは、がん治療において「更に高い改善率を実現する」為には、まず始めに「治療法に対する考え方」を改める事が重要になり、その後の治療効果を左右すると考えています。
  • 標準治療以外で、効果のある治療法はないのか?(標準治療と相乗効果のある治療法)
  • 標準治療のようにQOL(生活の質)を低下させず、むしろ向上させながら治療できるものはないか?

この2つの治療法選択への思考転換が、がん治療における改善率向上の「鍵」になり、多くのがん治療の症例で改善率を向上させています。

がん治療克服イメージ

私どもへの相談者は全身状態もステージも様々ですが、標準治療単独での治療効果の限界を理解し、がん治療に対する考え方(取り組み方)を変えた事で、その治療効果はそれまでの標準治療の常識を超える改善を多くの症例が示し、その効果は検査データや患者様の全身状態を見れば一目瞭然です。
癌フコイダン療法の資料請求
がんの資料請求
がん治療辞典
がん辞典 がん専門用語集 最新検査データー解説