最新がん治療フコイダン

がん治療の不安や辛い病状から開放され、がん克服に向けて改善されている患者様より、お喜びの報告を数多く頂戴しております。

とても稀なケースと言われるほどに改善が見られ、経過観察になりました。
進行の早いがんと言われたが、新たな転移もなく、腫瘍も縮小しました。
末期だったが、がんの勢いを抑えることができ、治療の選択肢が増えました。
抗がん剤治療の副作用が軽減され、普段通りの生活が出来ています。
治療効果がなく諦めかけたが、腫瘍が縮小し、マーカーも低下し始めました。
腫瘍が縮小し、当初できないと言われていた手術が出来るようになりました。
余命宣告されていたが、腫瘍はほとんど見えなくなり、元気に過ごしています。
何度も癌の再発に苦しみましたが、数年再発もなく、健康を維持しています。
治療はしていないが、腫瘍は縮小傾向で、体調も維持できています。
良い経過だったので、当初の予定より早く抗がん剤治療が終了しました。
提携医のサポートがあることで、自分に合った進め方が相談でき、安心です。
がん治療
がん克服者から学ぶ、克服の「秘訣」とは!
リスクを予測して備える大切さと、知っておきたい治療法
私どもは、これまでご相談された患者様の治療実績をもとに専門医と連携し、身体に負担なくがん克服を目指す治療法をご提案いたします。
現状の治療効果に満足できない方や、将来への不安を抱いていた患者様が、私どもへのご相談を通じて「どのように、がんと向き合い、克服したのか」を実例集として、その考え方や治療法など「克服者の声」をご紹介致します。

※当サイト記載内容の他にも、さらに詳しくご説明している資料をご用意しております。  →<資料請求こちら>

がん治療における「現状と課題」

下図は、「がん患者の全部位平均」と「がん患者の部位別」とを5年相対生存率を進行度別に分けたもので、「限局」「領域」「遠隔」と3段階に分けて、5年相対生存率を知る事が出来ます。

いわば現在のがん治療における成績表であり、標準治療(西洋医療)で癌に闘いを挑んだ結果がグラフに示された成果となりますが、同時に現在のがん治療の限界点の傾向を見ることもできます。
がん治療相対生存率
グラフを見ても解るように、5年生存率は原発部位によっても大きな差がありますが、癌が「限局」に留まっている場合は標準治療(西洋医療)が発展したこともあり、比較的に高い5年生存率の実現が可能になってきています。

しかしながら癌が原発臓器に留まらず、浸潤が始まる「領域」へと進行すると効果的な治療が出来なくなる癌も多く、さらに「遠隔」で多臓器への転移が始まってしまうと、ほぼ全ての癌で予後が急激に悪くなってしまいます。

グラフから傾向を読み取り、現行のがん治療実績を分析すると、標準治療(西洋医療)単独での癌治療を考えた場合、浸潤が始まる「領域」以降のがんは、非常に克服するのが厳しくなると言わざるをえません。

したがって、がん治療において最も重要となるのは、いかに存在する癌細胞を切除・消失させ、以後の「再発」や「転移」を未然に防ぐ事ができるかが、克服への課題となります。

がん治療における「克服する為の考え方」


私どもでは、がん治療において「更に高い改善率を実現する」為には、まず始めに「治療法に対する考え方」を改める事が重要になり、その後の治療効果を左右すると考えています。
  • 標準治療以外で、効果のある治療法はないのか?(標準治療と相乗効果のある治療法)
  • 標準治療のようにQOL(生活の質)を低下させず、むしろ向上させながら治療できるものはないか?

この2つの治療法選択への思考転換が、がん治療における改善率向上の「鍵」になり、多くのがん治療の症例で改善率を向上させています。

がん治療克服イメージ

私どもへの相談者は全身状態もステージも様々ですが、標準治療単独での治療効果の限界を理解し、がん治療に対する考え方(取り組み方)を変えた事で、その治療効果はそれまでの標準治療の常識を超える改善を多くの症例が示し、その効果は検査データや患者様の全身状態を見れば一目瞭然です。
がん治療の資料請求
がん治療辞典
がん辞典 がん専門用語集 最新検査データー解説