ブレオ(塩酸ブレオマイシン)

がん治療NaviTOP >  がん辞典 >  ブレオ(塩酸ブレオマイシン)

ブレオ(塩酸ブレオマイシン)

種別 化学療法薬
主な作用 塗布された部位の腫瘍細胞のDNA合成阻害、DNA障害作用により、悪性腫瘍の増強を阻止します。皮膚の悪性腫瘍治療に用いられます。
副作用 塗布部の痛み、発赤、皮膚炎、色素沈着などが起こる場合があります。また、間質性肺炎や肺線維症など呼吸障害の症状があらわれることもあります。
上記のような症状があらわれた場合は医師の診察を受けて下さい。
癌フコイダン療法の資料請求

がんの資料請求