カソデックス(ビカルタミド)

がん治療NaviTOP >  がん辞典 >  カソデックス(ビカルタミド)

カソデックス(ビカルタミド)

種別 抗男性ホルモン作用薬
主な作用 前立腺がんの治療に用いられます。前立腺がんのアンドロゲン(男性ホルモン)作用部位(受容体)に働いて、その結合を阻害し、前立腺がんの増殖作用を抑制します。
副作用 重い肝障害が起こることがあります。また、乳房の腫れ、圧痛、性欲減退、勃起力低下などの男性ホルモン作用の低下にもとづく副作用がみられます。
上記のような症状があらわれた場合は医師にご相談下さい。
癌フコイダン療法の資料請求

がんの資料請求