化学(抗がん剤)治療

がん治療NaviTOP >  がん辞典 >  化学(抗がん剤)治療

化学(抗がん剤)治療

抗がん剤の投与が代表的です。その効果は、がん細胞の活動を抑えることにあります。抗がん剤という名前から、「がんに効く!」ような気がしますが、正確には「がんにも効く」が正しい意味です。
副作用という表現がありますが、それは正常細胞への障害であり、効果というのはがん細胞に対する障害です。
抗がん剤をたくさん使えばがんを全部殺せますが。同時に正常細胞も殺す為、「安全域」の狭いとても恐ろしい薬だとご理解頂くようお願いいたします。
投与方法や組合わせで治療効果が大きく変わるうえ、新薬も次々に開発されることから、豊富な知識を持つ専門医が必要だと言われていますが、抗がん剤治療に専従する医師がいる医療機関はごくわずかで、多くは外科医らが投与しているのが現状です。 抗がん剤治療をおこなう際の、医師・病院選択には十分な注意が必要と考えています。

癌フコイダン療法の資料請求

がんの資料請求