フルオロウラシル(5-FU)

がん治療NaviTOP >  がん辞典 >  フルオロウラシル(5-FU)

フルオロウラシル(5-FU)

 種別  化学療法薬
 主な作用  5-フルオロウラシルは代謝拮抗剤として知られる薬品の一般グループに属し、胃がん、肝臓がん、結腸がん、直腸がん、乳がん、膵臓がん、子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がん、食道がん、小細胞肺がん、非小細胞肺がん、頭頸部腫瘍の治療に用いられます。
また、これ以外のがんの治療に用いられることもあります。
核酸の合成を妨害するので、ガン細胞がDNAやRNAを生成するのを妨げることによりガン細胞の成長を阻害します。
 副作用  吐き気や嘔吐、食欲不振、また皮膚や爪が乾燥したり、顔や腹部・手足の指が黒くなるなどの色素沈着、全身倦怠感、下痢、腹痛、食欲不振、口内炎などがあらわれる場合があります。
上記のような症状があらわれた場合は、医師にご相談ください。
癌フコイダン療法の資料請求

がんの資料請求