グリベック(メシル酸イマチニブ)

がん治療NaviTOP >  がん辞典 >  グリベック(メシル酸イマチニブ)

グリベック(メシル酸イマチニブ)

種別 化学療法薬
主な作用 慢性骨髄性白血病の治療に用いられます。慢性骨髄性白血病(CML)由来細胞の増殖に関与する、チロシンキナーゼを抑制することによって、抗腫瘍性を示します。
副作用 重吐き気や嘔吐、まぶたのむくみ、皮膚がかゆくなったり発疹などの皮膚障害、筋肉のけいれんなどの症状があらわれる場合があります。
また、正常な血液成分の増殖が追いつかないため、白血球や血小板、赤血球の数が少なくなり、感染症や出血、貧血などの症状があらわれやすくなります。
上記のような症状があらわれた場合は医師にご相談下さい。
癌フコイダン療法の資料請求

がんの資料請求