ハイドレア(ヒドロキシカルバミド)

がん治療NaviTOP >  がん辞典 >  ハイドレア(ヒドロキシカルバミド)

ハイドレア(ヒドロキシカルバミド)

種別 化学療法薬
主な作用 細胞の遺伝情報を持つDNAが作られるのを妨害して、がん細胞の分裂増殖をおさえます。その作用により、骨髄での白血球の異常な産生がおさえられ、白血球数が正常化します。おもに、症状の安定している慢性骨髄性白血病に用います。
副作用 食欲不振、吐き気・嘔吐や下痢の症状が起こることがあります。また、過敏症で発疹や発熱があったり、倦怠感、むくみ、頭痛、めまい、手や舌のしびれなどの症状を起こすこともあります。
上記のような症状があらわれた場合は医師の診察を受けて下さい。
癌フコイダン療法の資料請求

がんの資料請求