ハーセプチン(トラスツズマブ)

がん治療NaviTOP >  がん辞典 >  ハーセプチン(トラスツズマブ)

ハーセプチン(トラスツズマブ)

種別 生物学的応答調節物質
主な作用 生物学的応答調節物質と呼ばれる人工物質の一般的な種類に属し、乳ガンの治療に使用されます。トラスツズマブはたんぱく質で、錠と鍵のようにある種の乳ガン細胞に結びつきます。乳ガン細胞上のたんぱく質(抗原)はHER-2と呼ばれるEGF受容体です。ひとたびガン細胞に結びつくと、他の免疫細胞を呼び寄せ、ガン細胞を殺すのを助ける働きをします。通常は化学療法と併用されます。
副作用 しばしば発熱と悪寒を伴うアレルギー反応を引き起こすことがあります。また、吐き気、嘔吐、痛み、頭痛、咳が出るなどの症状があらわれることもあります。
上記のような症状があらわれた場合は医師にご相談下さい。
癌フコイダン療法の資料請求

がんの資料請求