カイトリル(塩酸グラニセトロン)

がん治療NaviTOP >  がん辞典 >  カイトリル(塩酸グラニセトロン)

カイトリル(塩酸グラニセトロン)

種別 5-HT3受容体拮抗制吐剤です。
主な作用 グラニセトロンはセロトニン拮抗薬として知られる薬品の一般グループに属す制吐剤です。セロトニンの経路をブロックし、化学療法薬が脳内の嘔吐中枢を刺激するのを防ぎ、抗がん剤による副作用(悪心・嘔吐)を軽減させます。
副作用 かゆみ、発赤、呼吸困難や急激な血圧低下等をともなうアナフィラキシー様症状があらわれることがあります。その他、発熱、頭痛、便秘などの症状もあらわれる場合があります。
上記のような症状があらわれた場合は医師にご相談下さい。
癌フコイダン療法の資料請求

がんの資料請求