ナベルビン(ビノレルビン)

がん治療NaviTOP >  がん辞典 >  ナベルビン(ビノレルビン)

ナベルビン(ビノレルビン)

種別 化学療法薬
主な作用 ビンカアルカロイドとして知られる薬品の一般グループに属し、非小細胞肺がんの治療に使用されます。細胞分裂を妨げることで細胞を死滅させます。
副作用 骨髄に作用し、白血球、赤血球、血小板を減らすことがあります。そのため、感染症や出血、貧血などの症状があらわれやすくなります。吐き気や嘔吐、食欲不振、脱毛、口内炎や全身倦怠感などの症状があらわれることもあります。
上記のような症状があらわれた場合は医師にご相談下さい。
癌フコイダン療法の資料請求

がんの資料請求