オンコビン(ビンクリスチン)

がん治療NaviTOP >  がん辞典 >  オンコビン(ビンクリスチン)

オンコビン(ビンクリスチン)

種別 化学療法薬
主な作用 ビンクリスチンは、ビンカアルカロイドとして知られる薬品の一般グループに属し、急性骨髄性白血病、急性リンパ性白血病、慢性骨髄性白血病、ホジキン病、非ホジキンリンパ腫、神経芽腫、ウィルムス腫瘍、横紋筋肉腫、睾丸胎児性がん、血管肉腫などの治療に用いられます。細胞分裂を妨げることで細胞を死滅させます。
副作用 このお薬は、神経に障害を与えやすい特徴を持っています。そのため、手足の指や顔面などのしびれを引き起こす場合があります。
また著しい便秘、食欲不振、腹痛、おなかが張る、吐き気、嘔吐や、発熱、発疹などの症状があらわれることもあります。
上記のような症状があらわれた場合は医師にご相談下さい。
癌フコイダン療法の資料請求

がんの資料請求