外科治療

がん治療NaviTOP >  がん辞典 >  外科治療

外科治療

がん治療法の第一に挙げられている外科手術は、がん細胞を取り除くという治療法です。
一見すると最も確実な方法のように思えますが、手術そのものが免疫を強く制御してしまう点には注意が必要です。それは、ガンが免疫制御の状態で発生すると、考えられているからです。 当然痛みを伴い、時期を越えると再発・転移の危険性が増大します。また、重度・末期には適さない治療法です。
「早期のガンであること」と「ガンが原発巣だけにとどまっている」状態に限っては、体への負担も少なくガンを簡単に取り除く事が出来る為、外科治療は有効であると考えています。

癌フコイダン療法の資料請求

がんの資料請求