タキソール(パクリタキセル)

がん治療NaviTOP >  がん辞典 >  タキソール(パクリタキセル)

タキソール(パクリタキセル)

種別 化学療法薬
主な作用 パクリタキセルはタキサンとして知られる薬品の一般グループに属し、細胞が分裂する際に与える影響から有糸分裂阻害剤とも呼ばれています。卵巣がん、非小細胞肺がん、乳がん、胃がんの治療に用いられます。細胞分裂を妨げることで細胞を死滅させます。
副作用 点滴した2~3週間後に、ほとんどの方で脱毛があらわれます。
また、吐き気や嘔吐、下痢や口内炎が起きることも少なくありませんし、関節や筋肉に痛みを感じる場合もあります。
その他、パクリタキセルは骨髄に作用するため、白血球、赤血球、血小板の低下を招くことがあります。感染症や出血、貧血などの症状があらわれやすくなります。
上記のような症状があらわれた場合は医師に相談して下さい。
癌フコイダン療法の資料請求

がんの資料請求