ゼローダ(カペシタビン)

がん治療NaviTOP >  がん辞典 >  ゼローダ(カペシタビン)

ゼローダ(カペシタビン)

種別 化学療法薬
主な作用 代謝拮抗剤として知られる薬品の一般グループに属し、乳がんの治療に使用されます。核酸の合成を妨害するので、ガン細胞がDNAやRNAを生成するのを妨げることによりガン細胞の成長を阻害します。体内に吸収されてから、活性体のフルオロウラシルに変換された上で、がん組織に働き、その増殖を抑制します。
副作用 白血球や血小板、赤血球を減少させてしまうことがあります。そのため、感染症や出血、貧血などの症状があらわれやすくなります。また、骨髄障害、腎・肝障害、心障害、ひどい口内炎などを起こすことがあります。
その他、手掌や足に発疹やかゆみなどの手足症候群の症状や、激しい下痢による脱水症などの症状があらわれる場合もあります。
上記のような症状があらわれた場合は医師の診察を受けて下さい。
癌フコイダン療法の資料請求

がんの資料請求