ゾラデックス(酢酸ゴセレリン)

がん治療NaviTOP >  がん辞典 >  ゾラデックス(酢酸ゴセレリン)

ゾラデックス(酢酸ゴセレリン)

種別 ホルモン又はホルモン拮抗薬
主な作用 ゴセレリンはホルモンとして知られる薬品の一般グループに属し、進行した前立腺ガンや乳ガンの治療に使用されます。黄体形成ホルモン放出ホルモンの合成形で、男性ではテストステロン、女性ではエストロゲンの放出をブロックします。その結果、これらのホルモンによって成長を刺激されるガンは、その成長をやめます。
副作用 最初の注射の後、骨の痛みなど、腫瘍が縮む前に一時的に大きくなることで腫瘍部の疼痛を引き起こすことがあります。この症状は2,3日でなくなります。
また、ほてり、頭重感、めまい、肩こりなどの更年期の症状があらわれることがあります。
上記のような症状があらわれた場合は医師にご相談下さい。
癌フコイダン療法の資料請求

がんの資料請求