すい臓がん治療でがんM+F療法®を実践された方2016/05/11

がん治療NaviTOP >  がんM+F療法®ブログ > すい臓がん治療でがんM+F療法®を実践された方2016/05/11

すい臓がん治療でがんM+F療法®を実践された方

 

先日、当方にお問い合わせいただき、がんM+F療法®を開始された方のご紹介を致します。

70歳代男性ですい臓がんと診断を受けた方です。

 

のどの渇きや体重減少、倦怠感があり精密検査の結果、すい臓がんで動脈近くに癌があり、手術は出来ないと言われたとのことでした。

抗癌剤治療だけでは不安に思い色々調べていく中で、がんM+F療法®に興味を持たれてお電話を頂きました。

まずは病状をお伺いし、3種の褐藻抽出成分を用いたがんM+F療法®について詳しく説明をさせていただきました。

お電話を頂く前に、がんM+F療法®の資料もしっかりお読み頂いていましたので、私の説明もしっかりご理解いただけたようでした。

 

初めは、手術が出来ない事への不安、抗癌剤の副作用への不安などのお話から始まりました。

手術が出来ない場合の生存率や、抗癌剤治療で食事が取れなくなり身体が弱ってくるのでないか、副作用で全身の状態が悪くなり治療が出来なくなるのではないかなど、これからの治療に前向きにはなれないと話されていました。

がんM+F療法®について説明した後、「家族のためにも頑張らないとね。少し前向きになれました。」と言ってくださり、私もとても安心いたしました。

「家族と相談してみます。」とのことで、その日のお電話は終了しました。

 

2日後に再びお電話があり、家族としっかり相談し、がんM+F療法®を取り入れる事にしたとご報告頂きました。患者様が先日ご説明したがんM+F療法®についての内容をご家族にお話ししていただけたようでした。また、ご家族の方が他にも色々調べておられたようで、その説明もお聞きになったそうです。

検討をした結果、がんM+F療法®を始めてみようと言う事になったとお話してくださいました。

 

診断を受けた日から、睡眠がとれない日が続いていたが、昨夜はぐっすり眠れましたと聞き、うれしく思いました。

抗癌剤治療が開始すると、不安や心配事もでてくると思いますが、これからは少しでもサポートできるようにと思っています。