再発の食道がんが縮小!経過良好で抗がん剤治療もあと少し。2017/05/19

がん治療NaviTOP >  フコイダン がん治療ブログ > 再発の食道がんが縮小!経過良好で抗がん剤治療もあと少し。2017/05/19

再発の食道がんが縮小!経過良好で抗がん剤治療もあと少し。

 

食道がんが再発し、新フコイダン療法を開始された方をご紹介いたします。

早期の食道がんで手術・抗がん剤治療・放射線治療をされた後、経過観察をされていました。

再発の確立は極めて低いと聞いていたそうです。

ご家族も協力し、経過観察中は生活を見直し、食事も気をつけられていました。

ところが、手術から2年が過ぎた定期検査で、再発が見つかりました。

 

再発の食道がんが縮小!経過良好で抗がん剤治療もあと少し。当初のステージはⅠbでしたが、再発がわかり、ステージⅣと言われたそうです。

主治医から、「抗がん剤治療で様子を見るが、抗がん剤治療にも限界がある。」という話を聞き、少しでも治療の助けになればと思い、新フコイダン療法を開始されました。

 

強い抗がん剤を使用するということで、副作用についてもかなり心配されていましたが、副作用も軽く、治療も順調に行なうことができました。

治療に負けない身体作りという面で、まずは少しでも新フコイダン療法がお役に立てたのかなと、嬉しく思いました。

 

今までも食事については気をつけられていましたが、再発が判ってからは、なお一層見直されていました。

肉類は鶏肉に切替えられ、糖質や塩分を極力控えて、なるべく身体を冷やさないように注意して過ごされていたそうです。

 

3ヶ月後の画像検査で、再発部分の腫瘍が縮小していたそうで、以前は触るとわかる程だったのが、触ってもわからなくなったそうです。

とてもとても明るいお声でご報告の連絡を頂きました。

「とても経過が良いので、3ヵ月後の検査までは抗がん剤治療を続けて、結果次第では抗がん剤治療を終了できるかもしれないですね。」と主治医の先生に言われ、抗がん剤治療と新フコイダン療法でもっと良くなりたいと強く話されていました。

 

患者様の身体の状態、抗がん剤治療、新フコイダン療法、生活面の見直し、前向きな気持ち、すべてが合わさった結果だと思い、ぜひ今まさに治療されている方にもご紹介したいと思いました。

 


現在の「食道がん治療」に不安や悩みをお持ちの方は、『がん治療の専門サイト』を、ぜひご覧ください。

食道がんの治療の専門サイト写真