副作用もなく胃がんの進行を抑え、維持している方2017/07/14

がん治療NaviTOP >  フコイダン がん治療ブログ > 副作用もなく胃がんの進行を抑え、維持している方2017/07/14

副作用もなく胃がんの進行を抑え、維持している方

 

ご家族からの紹介で、新フコイダン療法を取り入れられた方のお話をさせていただきます。

患者様は70歳代の女性のです。

 

がんがお判りになられたきっかけは体調を崩され、食欲がなく、体重が減少したこともあり、検査を受けられ判られたそうです。

詳しい検査の結果は、スキルス性の胃がんで、肺・肝臓・肩のリンパに転移しているとの診断でした。

主治医の先生からは、「抗がん剤を投与し、進行を抑えるというところを一つの目標として、頑張りましょう。」と説明を受けられたそうです。

 

副作用もなく胃がんの進行を抑え、維持している方新フコイダン療法に関しては以前に取り入れていた方がお近くにいらっしゃり、状況を維持出来ていたのを見られていたそうで、自身も迷うことなく取り入れてみようと思われたとのことでした。

 

新フコイダン療法は、抗がん剤治療を始められる少し前から始められました。

治療を始められ1ヶ月経たれたときには、「抗がん剤をしているが、全く副作用は出ていない、食事も美味しく食べられている。」と、とても喜ばれていました。

 

治療と新フコイダン療法を始められ3ヶ月経たれたときの検査では、「診断当初と変化はなし。良い状況を維持出来ていている。」と主治医の先生から褒められ、とても嬉しかったとお話ししてくださいました。

また変わらず副作用も出ておらず、「新フコイダン療法が自分には合っているのだと思う。無理なく自分のペースで頑張っていこうと思った。」と、とても前向きなお気持ちで取り組まれていることを、嬉しく思いました。

 

治療とプラスで新フコイダン療法を取り入れてみようと思われている方には、ぜひ少しでも前向きな気持ちを持って、一歩ずつ一歩ずつ前へ進んでいただきたいなと思っています。

 


現在の「胃がん治療」に不安や悩みをお持ちの方は、『がん治療の専門サイト』を、ぜひご覧ください。

胃がんの治療の専門サイト写真