悪性リンパ腫(ホジキンリンパ腫・非ホジキンリンパ腫)治療ガイドライン

がん治療NaviTOP >  悪性リンパ腫(ホジキンリンパ腫・非ホジキンリンパ腫)治療ガイドライン

悪性リンパ腫治療の不安や辛い病状から開放され、悪性リンパ腫克服に向けて改善されている患者様より、お喜びの報告を数多く頂戴しております。

悪性リンパ腫が消失し、治療が終了となり、経過観察になりました。
抗癌剤が効きにくい悪性リンパ腫と言われたが、順調に腫瘍が縮小しています。
強い抗がん剤と言われたが、副作用はとても軽く、主治医にも驚かれました。
再発を繰り返していたが、勢いを抑えられていると言われ、安心しました。
手強い癌だと言われたが、予定より治療が早く終了し、経過観察になりました。
複数の腫瘍の大部分は消失、残りの腫瘍はほぼ活動性がないと言われました。
悪性度の高い悪性リンパ腫と言われたが、進行を抑えることができています。
悪性リンパ腫は癌の中でも難しいと思っていたが、順調と褒めてもらいました。
積極的な治療はできないと言われたが、順調にマーカーが低下しています。
再発で厳しいと言われたが寛解し、その後の定期健診も無事クリアしています。
悪性リンパ腫治療
悪性リンパ腫克服者から学ぶ、
克服の「秘訣」とは!

リスクを予測して備える大切さと、知っておきたい治療法
私どもは、これまでご相談いただいた患者様の治療実績をもとに、専門医と連携し身体に負担なく悪性リンパ腫克服を目指す治療法をご提案いたします。
現状の治療効果に満足できない方や、将来への不安を抱いていた悪性リンパ腫の患者様が、私どもへのご相談を通じて「どのように悪性リンパ腫と向き合い、克服したのか」を実例集として、その考え方や治療法など「克服者の声」をご紹介致します。

※当サイト記載内容の他にも、さらに詳しくご説明している資料をご用意しております。
 →<資料請求こちら>

悪性リンパ腫治療における「現状と課題」
下図は、悪性リンパ腫治療においての現況で、病期の進行度別の「5年相対生存率のグラフ」です。いわば、標準治療単独で悪性リンパ腫に闘いを挑んだ結果(成果)を、数値で表したものになります。

悪性リンパ腫治療相対生存率
悪性リンパ腫は、大きくは「ホジキンリンパ腫」と「非ホジキンリンパ腫」の2つに分けられます。日本人が発症する悪性リンパ腫の約9割が非ホジキンリンパ腫。非ホジキンリンパ腫はリンパ節で発症し、血管やリンパ管を経由して脳・肺・肝臓などのさまざまな臓器に転移する可能性が高い腫瘍です。

リンパ節腫脹から始まります。痛みがないため、気がついた時にはかなり大きくなり、また複数部位のリンパ節が同時に腫大してくることもあります。
リンパ系組織は全身にあるため、悪性リンパ腫は全身の部位で発生する可能性があります。悪性リンパ腫は、進行すると骨や脳まで転移するだけでなく、同じ血液のがんである白血病に移行することもあります。

悪性リンパ腫は身体中を巡っているリンパ球(白血球の1種)ががんに変異する病気ですので、腫瘍を形成する一般のがんとは異なり、切除等の外科手術は行わず、放射線療法や化学療法による治療が主体となります。治療効果が十分でない場合は、大量化学療法や造血幹細胞移植を組み合わせて行われます。

いかに寛解を目指し維持する事が重要となります。しかし、再発の場合、リンパ腫の病型が違う場合もあるので、経過観察中も慎重に検査などで様子をみていきます。

したがって、悪性リンパ腫治療において最も重要となるのは、いかに存在する癌細胞を消失させ、以後の「再発」や「転移」を未然に防ぐ事ができるかが、克服の課題となります。

本来、がん治療の目的は「5年生存率の向上」ではなく、「克服」こそが最終目的だと考えます。

しかし現状の標準治療単独での「悪性リンパ腫克服」は、まだまだ満足のいくレベルではなく、この「転移や再発を防ぐこと」こそ、本来の目的である「悪性リンパ腫克服」につながります。

悪性リンパ腫治療における「克服する為の考え方」
私どもは、悪性リンパ腫治療において更に高い改善率を実現させる為には、まず始めに「治療法に対する考え方」を改める事が重要になり、その後の治療効果を左右すると考えています。
  • 標準治療以外の、効果のある治療法はないのか?(標準治療と相乗効果のある治療法)
  • 標準治療のようにQOL(生活の質)を低下させず、むしろ向上させながら治療できるもの。
この2つの治療法選択への思考転換が、悪性リンパ腫治療における改善率向上の「鍵」になり、改善率を向上させます。

胃がん治療克服イメージ

標準治療を軸に考え、悪性リンパ腫を克服へ導くために必要なメリット(効果)の不足分を、標準治療とは異なるアプローチから補完し、総合的な力で悪性リンパ腫を克服へと導きます。

克服に必要なメリットの不足分を補完することにより、標準治療のリスクを軽減でき、標準治療のメリットも最大限に引き出すことが可能になります。もちろん補完療法単独でも悪性リンパ腫へのアプローチを行ないます。

つまり、標準治療と補完療法を用いて、悪性リンパ腫へのアプローチ強化をおこない、がん細胞を消失に導きます。そして、身体への負担(リスク)も軽減されることから、治療に耐えられる体調を維持することもできますので、今まで以上に改善率の向上が期待できる悪性リンパ腫治療法になります。

相談者の悪性リンパ腫改善率が飛躍的に向上した理由。克服へと導く3つの治療効果とは!
  • 標準治療のリスクを軽減し、標準治療メリット(効果)を本来の効果に引き上げる!
  • 補完療法を用いて、標準治療とは異なる悪性リンパ腫細胞へのアプローチを強化する!
  • 標準治療と補完療法の相乗効果により、新たな改善領域(メリット)が産出される!
悪性リンパ腫へのアプローチ強化
私どもへの悪性リンパ腫の相談者は全身状態もステージも様々ですが、標準治療単独での治療効果の限界やリスクを理解し、悪性リンパ腫治療に対する考え方(取り組み方)を変えた事で、その治療効果はそれまでの西洋医療の常識を超える改善を示し、その効果は検査データや患者様の全身状態を見れば一目瞭然です。
悪性リンパ腫治療の資料請求