がんM+F療法®

がん治療NaviTOP >  がんM+F療法®
研究を重ねた結果、がんのタイプを選ばず勢いを抑える
がん克服に必要な成分を特定いたしました。

私どもNPO法人は、特別会員(医師64名)にご協力をいただき、がんを克服するために補完すべき働きを持ち合わせた療法や成分に関する研究や情報収集、様々な治療法の治療効果測定(改善効果の有無や効果の大小)を行なってきました。
可能性のある成分を徹底的に調査し、その作用機序を検証して、がんを克服するために必要な働きを持つ成分の特定に尽力いたしました。
検証を重ねる中で、1996年(平成8年)、第55回日本癌学会にて「抗がん作用」があると発表され、一躍注目を浴びた「褐藻類の成分」に注目いたしました。
研究を進めた結果、1996年当時、日本癌学会において発表された「抗がん作用」は、褐藻類に微量含まれる成分の「マグジサリシレート®」「フコキサンチン」の2成分が、がんを克服する為に重要な働きを持つことを解明しました。

がんのタイプに左右されず勢いを抑える、この2種の成分の発見により、がん改善率を飛躍的に向上させることが可能になりました。

もちろん、まだまだ研究中の成分は他にもありますが、多くの臨床研究を経て開発されたこの2種の成分の効果を上回るものはなく、現時点でがんの改善率を向上させる最も有効な成分と確信しております。

がんM+F療法の治療
※褐藻類(かっそうるい)とは海藻の一種で、褐藻類はその名の通り「褐色を示す海藻」で、コンブ、ワカメの属するコンブ目、ヒジキの属するヒバマタ目などがあります。

がん改善率が飛躍的にアップした
「がんM+F療法®」

2種の成分を用いてがんを克服へ導くための研究を進める中で、マグジサリシレート®のみを多量に摂取しても、フコキサンチンだけを多量に摂取しても、どちらも改善率は大きく向上しませんでした。
しかし、2種の成分を欠かすことなく適用量摂ることで、がんに対して総合的に働きかけることができ、飛躍的に改善率が向上することが判明いたしました。
標準治療を軸に、この2種の成分をしっかりと補完した患者様に驚きの症例や、高い改善率が確認されたことから、現在、がんを克服に導くために補完する成分としては、「これ以上の理想的な成分はない!」と言えるレベルの発見で、多くの医師を驚かせました。
そこで、この2種の成分を補完して、身体の「発がん・増殖サイクル」を「改善サイクル」に切替えることでがんを克服に導く療法を「がんM+F療法®」と名づけました。
がんM+F療法の改善率
現在では、その驚きの発見であった「がんM+F療法®」も、克服された患者様からのお喜びの声や患者様のご紹介など、多くの方からお問い合わせを頂戴するまでになりました。

がん治療の救世主!
理想の抗がん成分の作用機序

がんM+F療法のマグジサリシレート<がん細胞の増殖・新生血管抑制作用>
がんM+F療法の改善率マグジサリシレート®には、悪玉酵素であるCOX-2の発生を選択的に阻害することで、血管内皮細胞増殖因子(VEGF)の働きを制御します。

また、がん抑制遺伝子の発現低下を防ぎ、転移や増殖を抑制します。

これらの働きで、がんの勢いを抑え、増殖・転移を防ぎます。

VEGF阻害による
「分子標的作用」

分子標的作用とは、ある特定の分子(ここではVEGF)を標的として、その機能を制御する働きです。

マグジサリシレートRには、 COX-2の発生を選択的に阻害することで、がんの増大や増殖の原因となる血管内皮細胞増殖因子(VEGF)の働きを制御することになり、がん細胞に新生血管や新生リンパ管を作らせない働きがあります。
がんM+F療法のマグジサリシレート

がん細胞は、新生血管がなければ1~2mm以上にはなりません。
独自の研究により発見したマグジサリシレート®は、がん治療においては、必要不可欠な成分であり、がん改善率の向上には最も重要な働きをします。

がんM+F療法のフコキサンチン

<がん細胞アポトーシス誘導作用>
フコキサンチンは、正常細胞には一切影響を与えず、際限なく増え続けるがん細胞に、自滅するよう指令を出す働きがあります。

この働きにより、本来自ら死を選ぶことのないがん細胞を直接攻撃し、がんを自滅死(アポトーシス)に導くことができます。

がん細胞を直接攻撃!
アポトーシス誘導作用

人間の体は60兆個の細胞で構成されており、この細胞が新陳代謝(古い細胞が死に新しい細胞に生まれ変る)を繰り返すことによって、若さや健康が保たれています。このように正常細胞は、一定期間を過ぎると自らが死を選ぶように遺伝子情報の中に組み込まれています。

また、細胞に異変が起きた時も同様に、自動的に自滅スイッチを入れ自ら死んでいくように情報が組み込まれています。この細胞が自ら死んでいく作用のことをアポトーシスといいます。

ところが、異変が起きても遺伝子の障害でアポトーシスが起こらない細胞が生まれることがあります。この死を忘れた異常細胞が、分裂を繰り返し際限なく増殖、転移しながら正常細胞をむしばんでいきます。これが「がん細胞」なのです。

フコキサンチンは、がん細胞にのみ自滅スイッチを誘発、正常細胞のようにアポトーシスを起こさせる働きがあると解明されています。

近年、その作用機序が大注目されている「フコキサンチン」ですが、「フコキサンチン」には複数の「型」が存在し、その「型」の違いによってアポトーシス効果の優劣があることが、新たに解明されました。

そこで私どもは、独自の研究によりアポトーシス効果を高めた「フコキサンチンテトラ」を開発し、より効果的にがん細胞に働くことを可能にしました。

辛く我慢のがん治療は、もう無用です。
患者様ご自身で、その効果を実感してください。

「がんM+F療法®」は、
患者様の改善実績から生まれた療法です!

これまで多くの患者様が、辛く我慢をしながら治療を継続していた状態から解放され、症状の改善や検査結果など改善を、わずか開始約1~3ヶ月で明らかな効果として実感されています。

理想の抗がん成分マグジサリシレート®フコキサンチンテトラ、この2種の成分を欠かすことなく適用量摂ることで、個々で異なる「がんのタイプ」や「勢いの強さ」に左右されず、標準治療に不足していた「抗がん力」を強化でき、がんに対して総合的に働きかけることができます。

「がんM+F療法®」は患者様の病期(ステージ)を選ばず効果を発揮しますので、これまで標準治療で改善が難しいとされていた患者様においても、その抗がん力を発揮し克服へと導く大きな成果をあげています。

「がんM+F療法®」を補完することで、
 患者様にもたらされる恩恵は非常に大きい!

標準治療単独で治療をおこなう場合と比べて、「がんM+F療法®」を補完することは患者様に非常に大きな恩恵をもたらします。

がん改善率が向上すると、当然のことながら患者様が過度な治療に追い込まれることが無用になります。がん治療に「がんM+F療法®」を補完することで、以下のような恩恵を受けることが期待できます。


がん治療において、非常に大きな良い変化をもたらし、患者様を克服まで導きます。

『がんM+F療法®』導入イメージ

がん宣告を受けたなら、何より自覚しないといけないのは、患者様の身体には「発がん・増殖サイクル」の土壌があるということです。

ですから、がんを克服に導くためには「身体の中から、がんを完全に無くすこと」と、「がんを発生させない身体に戻すこと」の2つが患者様の治療課題になります。

「がんM+F療法®」は標準治療の効果を冷静に見極め、さらに改善率を向上させると同時に、身体を健康時の状態に戻す「改善サイクル」に導くことを目的にした療法です。


各ステップの期間・摂取量は、患者様のご病状を見ながらの判断になります。
ご体調などの状況を踏まえて、提携医と連携しサポートさせていただきます。

まずは1クール(3ヶ月間)、がんM+F療法®を積極導入してみませんか?
ぜひ患者様ご自身で、その効果をご実感いただければと思います。

「がんM+F療法®」の公式サイトがございますので、こちらもご覧ください。
「がんM+F療法®」公式サイト